TOPICS

低炭素認定住宅、制度開始から290戸認定

国土交通省は、平成24年12月4日より制度運用を開始した「都市の低炭素化の促進に関する法律」に基づく低炭素建築物新築等計画の認定制度について、これまでの認定状況を発表した。

    制度開始から今年3月末までの認定戸数は、一戸建て138戸、共同住宅152戸の合計290戸となった。

    地域別では、埼玉県が累計184戸(うち戸建32)と突出して多く、それ以外の地域はすべて戸建で、石川県が18戸、大阪府11戸、千葉県10戸、東京都10戸、京都府9戸、神奈川県8戸などの結果となった。

                            新建ハウジング

 

 長期優良住宅と同じような優遇措置がえられる低炭素建築物新築等計画の認定制度ですが、難しい部分が多く、まだまだ浸透するには時間がかかりそうです。

お問い合わせ