TOPICS

住宅リフォーム受注高、前年同期比13.3%増 12年度下半期

 国土交通省が10月31日発表した建築物リフォーム・リニューアル調査報告によると、建設業者が元請けとして行った2012年度下半期受注分の住宅リフォーム工事は1兆8590億円で前年同期比13.3%増だった。個人からの発注が14.5%増と増えた。

 住宅工事を目的別でみると、劣化や壊れた部位の更新・修繕が最も多く165万1547件だった。2番目は省エネルギー対策で20万5336件、3番目はバリアフリー対応で14万9427件だった。耐震改修は7万4899件だった。

 

                         新建ハウジング

お問い合わせ