TOPICS

13年度補正予算案、閣議決定 長期優良住宅化リフォームなど

 政府は12月12日の臨時閣議で、2013年度補正予算案を閣議決定した。住宅分野では、消費税引き上げによる住宅の取得負担増を軽減するための「すまい給付金」や長期優良住宅化リフォームへの支援などが盛り込まれた。

 

 長期優良住宅化リフォームへの支援は、耐震性や省エネ性などを一定の基準以上にするリフォーム行う場合に補助を行うもの。1戸あたりの補助額の上限は100万円。国費20億円。

 

 すまい給付金は、もうひとつの消費増税対策である住宅ローン減税拡充の恩恵が制限される所得層向けの施策で、所得に応じて最大30万円の給付を行う予定。国費1600億円。

 

 住宅金融支援機構の長期固定金利住宅ローン「フラット35」で、融資上限率10割のタイプを創設するための予算も盛り込んだ。10割融資の場合、9割融資タイプに比べ高めの金利を設定する。

 

 民生部門に対する省エネ支援として、家庭用燃料電池(エネファーム)や定置用リチウムイオン蓄電池の導入支援などに350億円を計上。

 

 木材利用ポイントの延長も盛り込んだ。

 

新建ハウジング

お問い合わせ