TOPICS

木耐協、耐震診断の調査データを公表 1981年~2000年建築の「81‐00木造住宅」を調査

 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協、東京都千代田区)は1月17日、1981年~2000年に建築された木造住宅(以下、「81‐00木造住宅」)の耐震性に関する調査データを発表した。この調査は、住宅所有者から耐震診断の依頼を受けた木耐協が、木耐協組合員を通じて現地調査を行ったもので、事務局がその診断結果を集計した。対象住宅は1950年~2000年までに着工された平屋もしくは二階建ての木造住宅(木造在来工法)。

 それによると、耐震診断の依頼は、過半数が1981年~2000年に建築された住宅だった。この「81‐00木造住宅」も古いほど耐震性が低下した。また、耐震性を満たしている住宅(総合評点1.0以上)の割合には、最も割合が少なかった1984年と最も割合が高かった2000年の住宅には4割以上の差が見られた。

また、耐震補強の工事金額は「81‐00木造住宅」全体で約6割が150万円未満だった。新しい住宅ほど補強工事金額は低かった。

●調査データの詳細はこちら

新建ハウジング

お問い合わせ