TOPICS

「新築・中古にこだわらない」が4割超、オウチーノが日本人の住宅意識調査

 オウチーノ総研(本社:東京都港区)は12月6・7日、20〜69歳の男女1123人を対象に「日本人の住宅意識」に関する調査を行った。

 仮に家を購入するとしたら、新築または中古にこだわるかとの問いには、「新築にこだわる」(54.7%)が多かったものの、「こだわりはない」も42.1%にのぼった。とくに20代の56.1%が「こだわりはない」と回答するなど、若い世代では新築/中古へのこだわりが低い傾向がわかった。新築にこだわる人のうち、「新築分譲にこだわる」は23.8%、「注文住宅にこだわる」は30.9%だった。

 

 「中古にこだわる」「(新築・中古への)こだわりはない」とした人に、「中古+リフォーム」が選択肢になり得るか聞くと、15.5%が「積極的に考える」、49.9%が「選択肢のひとつとして考える」と答えた。積極的に考える人の理由としては、「今流行っているから」「オシャレだから」「DIYが趣味だから」といった意見が挙がった。

 

 次に、仮に家を購入するとしたら、マンションまたは一戸建てにこだわるか聞いてみると、「一戸建てにこだわる」(47.8%)、「こだわりはない」(37.4%)、「マンションにこだわる」(14.8%)の順となった。  一戸建てにこだわる理由としては「隣人に気兼ねなく暮らしたい」「子どもがいるので下の階や隣に迷惑をかけてトラブルになるのがイヤ」など、近所への気遣いやトラブルを回避したいという意見が多く見られた。

 

 家を購入する際に重視する条件のトップ3は「日照、風通しの良さ」(39.1%)、「街の利便性」(35.9%)、「間取り」(34.5%)。絶対に必要だと思う施設・設備のトップ3は「インターネット」(74.4%)、「駐車場」(57.7%)、「モニタ付きインターホン」(38.2%)だった。

 

新建ハウジング

お問い合わせ