TOPICS

2014年第1四半期のリフォーム市場、前年比40%増で大きな伸び

 矢野経済研究所(東京都中野区)は6月6日、2014年第1四半期(1〜3月)における住宅リフォーム市場調査の結果を発表した。 
 市場規模は1兆7724億円(速報値)、前年同期比で40.7%増、過去5年間の平均値比で57%増と大きく伸長した。4月からの消費増税にともない、設備交換を中心としたリフォームの駆け込み需要が発生したと考察している。

 2013年度の市場規模は、前年同期比16.9%増の7兆4650億円と推計。2000年度以降、久しぶりに7兆円の大台を超えた。
 2014年は出足は好調だが、2015年10月に予定されている再増税の影響がどの程度出るかなど年間予測が難しい状況。4月単月は好調を維持しながら、分野別にみると設備修繕・維持関連は前月比で1.5%減、家具・インテリア等は61.7%減と駆け込み需要の反動減の影響がうかがえるとした。

                  新建ハウジング

お問い合わせ