TOPICS

住宅未購入者の7割超が「いまは買い時じゃない」 ハイアス調査

 ハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区)は、同社が毎年行っている調査の最新版「住宅購入に関するアンケート2015」の結果を公表した。
 調査時期は6月1~11日で、有効回答数は20〜60代の男女1214人。回答者の内訳は、「住宅購入済み」44.9%、「購入が決まっている」2.5%、「1〜3年以内の購入を検討中」5.8%、「検討中だが時期は未定」22.4%、「考えていない」24.4%。

 「一般的に」いまは住宅の買い時だと思うか聞くと、昨年より3.9ポイント上昇して約4割(39.8%)が買い時だと回答。その理由は、「消費税が10%となる可能性がある」「住宅ローンの金利が低い」が半数を超えた。
 一方で、買い時だと思わない人にその理由を聞くと、「景気回復が期待できない」(53.9%)がダントツだった。

 住宅未購入者に「自分にとって」買い時だと思うか聞くと、買い時だと思っている人は26.6%と3割を下回った。買い時だと思わない理由は「収入が上がらない」(45.2%)がトップ。
 未購入者で「将来的にはマイホームを購入したい」人は昨年より4.5ポイント増え約7割に。「家賃を払い続けることに抵抗を感じる」を理由に挙げる人が多かった。

新建ハウジング

お問い合わせ