TOPICS

第11回「トイレ川柳」最優秀賞は「家族とは同じトイレを使うこと」

 

 TOTO(北九州市)は10月14日、「第11回トイレ川柳」の受賞作品を発表した。今年2月に発売した新「ネオレスト」にちなんだ最優秀賞「ネオレスト賞」には、ペンネーム・ペネさんの「家族とは同じトイレを使うこと」が選ばれた。
 
 佳作を除く受賞20句は、トイレットペーパー型川柳集「第11回トイレ川柳大賞」に掲載され、11月10日のトイレの日にTOTO出版より、販売価格350円で発行予定。

同賞は7月1日~8月31日まで作品を募集。応募件数は過去最高となる36930句。「おしりだって、洗ってほしい。」のキャッチコピーで知られるコピーライターの仲畑貴志氏が選考を行なった。

「第11回トイレ川柳」受賞作品

新建ハウジング

お問い合わせ