TOPICS

新しい住宅・建築物省エネ基準、ほぼ案通りに

 国土交通省と経済産業省は11月16日、新しい住宅・建築物の省エネルギー基準を検討する有識者による委員会を開催した。11月5日まで意見募集をしていた基準案については、一般からの意見も検討した上で、ほぼ案通りとすることで委員会として意見をまとめた。この結果を受け両省は今後、法律上の手続きを進める。政省令・告示は12月~来年1月に公布予定。

 意見募集の期間中96の個人・団体から116件の意見が寄せられた。

 意見の中には早期に基準適合の義務化を求める声もあったが、国側は法律の運用状況を見ながら引き続き検討していくとしている。

新建ハウジング

お問い合わせ