TOPICS

国交省、スマートウェルネス拠点整備事業の募集を開始

 国土交通省は5月29日、2017年度の「スマートウェルネス拠点整備事業」の募集を開始する。同事業は、高齢者、障害者、子育て世帯等の居住の安定確保や地域住民の健康の維持・増進、多様な世代の交流促進等を図ることを目的として、住宅団地等に拠点施設を整備(新築・改修)する民間事業者等に対し、その実施に要する費用の一部を補助するもの。

 対象となる拠点施設は、「高齢者生活支援施設」「障害者福祉施設」「子育て支援施設」、その他の事業目的に資する食事サービス施設、交流施設など。主な要件は(1)住宅団地等の区域内の住戸数が100戸以上であること、(2)地方公共団体と連携して「スマートウェルネス計画」が定められていること、(3)整備する施設が「スマートウェルネス計画」に位置付けられていること。

 補助率は3分の1、上限は1施設あたり1000万円。申請募集期間の終了時期については、事務局であるスマートウェルネス住宅等事業推進室のウェブサイトで告知する。

新建ハウジング

お問い合わせ