TOPICS

4人家族が幸せに暮らすために必要な「家の広さ」は平均89.0平米、アットホーム調べ

 不動産情報サービスのアットホーム(東京都大田区)は、首都圏で夫婦と子供2人の4人家族で暮らす男女628名を対象に、“4人家族が幸せに暮らすために必要な住まいの条件”調査を実施した。

 4人家族が幸せに暮らすために最低限必要だと思う「家の広さ(延床面積)」を聞いたところ、最も多かったのは「80m以上100m未満」で約3割。平均は89.0mだった。また、最低限必要だと思う「リビングの広さ」は、「10畳以上15畳未満」が最も多く、半数近くにのぼった。平均は12.2畳だった。

 同様に、「自宅から最寄り駅までの距離」の最低限の時間(最長時間)を聞いたところ、最も多かったのは「15分以上20分未満」、次いで「10分以上15分未満」だった。平均は18.4分だった。「通勤時間(片道)」の最低限の時間(最長時間)では、平均が57.1分、最も多いのは「60分以上80分未満」だった。

 最低限必要だと思う「世帯年収」は、最も多い金額帯が「800万円台」、平均が882.5万円となった。一方、現在の年収は平均829.6万円で、現状収入が足りていないと感じている人が多いことがうかがえた。

新建ハウジング

お問い合わせ