TOPICS

新電力へのスイッチング率が10.1%到達、経産省調べ

経済産業省は8月22日、電力・ガス取引監視委員会がとりまとめた電力取引報において、2017年5月時点で、一般家庭向け(低圧)電力のスイッチング件数(新電力への契約先の切り替え件数)が約634万件、スイッチング率が約10.1%に到達したと発表した。

 スイッチング件数の内訳は、みなし小売電気事業者から新電力へのスイッチング件数が約353万件(約5.6%)、みなし小売電気事業者内のスイッチング件数が約281万件(約4.5%)だった。

 また、2017年4月時点での販売電力量ベースの新電力シェアは約9.2%。電圧別では、特高・高圧分野に占める新電力シェアが約12.1%、低圧分野に占める新電力シェアが約4.6%だった。

 2016年4月時点と2017年4月時点で比較した、新電力の総販売電力量(低圧)に占める新電力各社のシェアの変動を見ると、大東エナジー、ジェイコムウエスト、SBパワー、Looop、エネットなどが順位を上げていた。

新建ハウジング

お問い合わせ