TOPICS

主要SNSの「広告配信に不快感を持つ」人が増加、ジャストシステム調べ

 ジャストシステム(東京都新宿区)はこのほど、15歳~69歳の男女1100名を対象に『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年9月度)』を実施し、その結果をマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で発表した。

 同調査によると、スマートフォンを所有する人のうち、主要SNSで表示される広告について「不快感を抱くことが多い」と回答した人の割合は、「Twitter」で29.9%(前回調査=22.5%)、「Facebook」で26.1%(同=20.3%)、「Instagram」で25.0%(同=20.7%)、「LINE」で23.5%(前回調査対象外)だった。LINEを除き、前回調査(2016年10月度)に比べてSNSで表示される広告について不快感を持つ人が増えていることが分かった。

 一方、主要SNSで表示される広告について、「不快感を抱くことはほとんどない」と回答した人の割合は、「LINE」が33.3%で最も高く、次いで「Instagram」(29.1%)、「Facebook」(25.8%)、「Twitter」(25.4%)となった。

 スマートフォンを所有する人に、特定サービスに使ったデータ通信量は使用したデータ量に加えない「カウントフリー」機能が使えるスマートフォンを使用しているかを聞いたところ、「現在使用している」が7.2%、「購入を検討している」が5.4%、「知っているが、する予定はない」が10.8%だった。「カウントフリー」を設定できるスマートフォンの認知率としては23.4%だった。

 そのほか、スマートフォンで視聴や閲覧をしたコンテンツとして、最も多くの10代が選んだジャンルは「娯楽(ゲーム・映画・音楽・書籍など)」(56.5%)、また60代では「旅行・レジャー」(41.0%)が最多だった。

 スマートフォンを所有する人のうち、スマートフォンで株式などの証券の取引を行っている人の割合が最も高かった世代は30代(18.5%)だった。

新建ハウジング

お問い合わせ