TOPICS

「住まいの耐震博覧会」と「木と住まいの大博覧会」を東京ビッグサイトで同時開催

 ナイス(神奈川県横浜市)は、2月16日から18日までの3日間、「住まいの耐震博覧会」および「木と住まいの大博覧会」を、東京ビッグサイトにて同時開催する。

 両展示会では、大地震に耐える安全・安心な住まいづくりに関する情報提供と、国産材の利用促進につながる住宅・建築の普及に向けた提案を紹介。「耐震」「省エネ」「健康」「木材活用」「IT」をテーマに、100を超える企業や団体がさまざまな製品やサービス、情報等を展示・公開する。

 「住まいの耐震博覧会」では、地震に強い住まいづくりと防災対策について情報を発信。会場では、建築基準法で定められた強さの1.5倍の耐震強度を備えた建物を展示し、耐震の重要性などを説明する。

 「木と住まいの大博覧会」は、木材を使用した住宅や中・大規模木造建築物、木製品、木育、学術研究など、木に関する最新の製品・技術・情報を紹介。地域の木材による住まいづくりとそのメリットを、自治体や木材関連団体が紹介する。

 また、2月16日には「建築物への木材活用シンポジウム」を開催。林野庁の沖修司長官による基調講演「無垢材の活用と地方創生」のほか、「サステナブルな木造建築の新たな潮流に向けて」と題したトークセッションが行われる。参加費無料。

新建ハウジング

お問い合わせ