TOPICS

経産・環境省、2018年度ZEH支援事業の概要を発表

 経済産業省と環境省担当分の2018年度ZEH(ゼロエネルギー住宅)支援事業の補助制度の概要が2月9日、資源エネルギー庁のホームページで発表された。通常のZEHよりも高度なZEHとして「ZEH+(ゼッチ・プラス)」が設定されるなど、大幅に見直されている。

 ZEH+では、通常のZEHの条件に加え、強化外皮性能などが設定されている。補助額は通常のZEHが1件あたり70万円、ZEH+は同115万円。蓄電システムに対する加算補助は1kWhあたり3万円で、上限額は通常ZEHが30万円、ZEH+は45万円と差が設けられている。

 ZEHビルダーの「5つ星表示制度」も設けられる。前年度のZEHビルダー実績を報告していることや、ZEHシリーズの建築実績を有することなど、5つの条件を満たすと「5つ星」がもらえる仕組み。執行団体のZEHビルダー一覧で表示されるのは、星5つのZEHビルダーに限定される。ZEHビルダーの評価については、ZEH+の採択審査などで活用することが想定されている。

 2018年度のZEH支援事業は、国土交通省・経産省・環境省の3省連携で進められる。国交省は2017年度と同様に地域型住宅グリーン化事業の一環で支援が行われる。

経済産業省のホームページ(戸建て住宅分)

 

新建ハウジング

お問い合わせ