TOPICS

住宅購入希望、一戸建て派が66% マンション派は過去最低に リクルート調べ

 リクルート住まいカンパニー(東京都港区)は5月11日、住宅の購入・建築、リフォームを検討している20歳~69歳の男女を対象に実施した「住宅購入・建築検討者」調査(2017年度)の結果を発表した。一戸建て派は66.2%で、同社が調査を開始以来もっとも高くなった。一方、2014年以来減少が続くマンション派は、21.7%と過去最低だった。

 新築・中古のどちらを希望しているかをきいたところ、新築派が76.3%、中古派が6.4%で、新築派が7割を超える状況が続いている。予算・頭金について、住み替えの際に親や親族から「援助してもらいたい」と答えたのは44.8%、「援助してもらえると思う」という実現見込みは42.9%で、どちらも過去最高となった。援助期待が高いのは、地域別では東海エリア、ライフスタイルステージ別では「子どもあり世帯(末子小学生まで)」となっている。また「注文住宅」を検討している場合や、世帯年収が「600~800万円未満」の層も高い傾向にある。援助を期待している人に希望額をきいたところ、68.8%が「500万円以上」と回答し過去最高となった。

 DIYの認知度は97.8%で4年続けて上昇、関心度も昨年より8.4ポイント上昇の63.5%だった。

 有効回答数は1239件。

新建ハウジング

お問い合わせ