TOPICS

3月度の「住まいの買いどき感」2017年12月から横ばい

リクルート住まいカンパニー(東京都港区)は5月28日、7大都市圏の住宅購入や住み替えを検討している人を対象に実施した「住まいの買いどき感」調査(2018年3月度)の結果を発表した。それによると、住み替えを検討している人のうち、今が「住まいの買いどき」だと感じている人は前回(2017年12月度)と同じ38%だった。12月度から3月度にかけての買いどき感は、過去2年間上昇していたが今年は変化がみられず、前年同時期より3.4ポイントの減少となった。

 

 2016年~2018年の3月の買いどき感をエリア別でみると、首都圏・関西・札幌市・広島市・福岡市で今回が最も低い結果となった。特に福岡市は、2017年3月には44.5%と7大都市圏中もっとも高かったが、今回は31.3%で最下位となった。

 年代別では、40代と50・60代で例年の3月より減少しており、すべての年代で今回がもっとも低い結果となった

 買いどきと感じる理由は、「消費税率の引き上げが予定されているから」が27.8%で1位となった。この理由をあげる人は、2017年9月の調査以降、増加を続けている。

新建ハウジング

お問い合わせ