TOPICS

宅配便の受け取り方法、宅配ボックスが10.9%–マイボイスコム調べ

 マイボイスコム(東京都千代田区)は5月30日、『宅配便の受け取り方法』に関するインターネット調査の結果を発表した。回答数は1万323件。

 直近1年間の宅配便の受け取り方法を聞いたところ、「自宅で直接受け取る」が97.2%、「宅配ボックス」が10.9%、「コンビニ・スーパーなどの店頭受け取り」が7.5%だった。

 

一方、宅配便受け取り方法の意向では、「自宅で直接受け取る」が87.3%、「宅配ボックス」が20.0%、「コンビニ・スーパーなどの店頭受け取り」が16.8%となった。「宅配ボックス」「店頭受け取り」は10~30代で比率が高かった。

 宅配ボックスがある人は、集合住宅居住者で13.1%、一戸建て居住者で2.0%だった。10~30代では、「集合住宅に住んでいる:宅配ボックスはない」が30%台で他の層より高かった。

 直近1年間に宅配便の荷物が配達された頻度は、「月に2~3回」が36.5%で最多、次いで『週1回以上』が2割強だった。また、直近1年間に配達された宅配便のうち、再配達になった割合は「1~2割くらい」が37.9%、「ほぼ毎回、直接受け取る」が19.8%だった。再配達になる割合が高い人は、若年層で多く見られた。

新建ハウジング

お問い合わせ