TOPICS

耐震診断の受付が昨年同時期の5.4倍に 熊本地震発生後1ヶ月

 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協、東京都千代田区)は、熊本地震発生後の4月15日から5月16日までの約1ヶ月間(32日間)で、昨年同時期の5.4倍となる「1034件」の耐震診断を受け付けたと発表した。

 木耐協では木造住宅の耐震化推進のため、無料で耐震診断を実施している。対象は、昭和25年から平成12年5月までに建てられた木造在来工法2階建て以下の住宅。

 熊本地震後に診断依頼のあった、昭和25年から昭和55年の建物は471件で、全体の45.6%に上った。

新建ハウジング

お問い合わせ