TOPICS

JR原宿駅など五輪会場の最寄り3駅を改良

JR東日本は6月8日、2020年の東京五輪に向けた原宿・千駄ケ谷・信濃町の各駅の改良工事計画を発表した。五輪開催時の主要会場周辺にあるこれら3駅について、改札口、コンコース、トイレを拡張し、エレベーター増設によるバリアフリー化やホームドアの設置を進める。今年度後半までに着工し、20年春までに完成させる予定だ。工事費の総額は約250億円。

 3駅とも設計はジェイアール東日本建築設計事務所とジェイアール東日本コンサルタンツが担う。先行して千駄ケ谷駅で始まっている準備工事は東鉄工業が担当している。その他の施工者は現時点で未定。

日経アーキテクチュア

お問い合わせ