TOPICS

目覚め機能付きLEDシーリングライトが朝の子供に好影響

 パナソニック(大阪府門真市)は、児童33人を対象に、富山大学と共同で「目覚め機能付きLEDシーリングライト」を使った実験を実施。起床前に徐々に明るくなる「目覚めのあかり」機能によって、子どもの起床時や朝の機嫌に好影響があることを検証した。

 「目覚めのあかり」を使用した時と使用しない時を比較した結果、使った場合には保護者に起こされる子どもが18人から9人に減少。すっきりした目覚めで機嫌が良くなることがわかった。

 「光と睡眠の関係」の研究を続けてきたパナソニックでは、今回の検証結果を踏まえ、子どもの健全な成長のための睡眠環境づくりを提案していくとしている。

 実験は2016年1月から3月まで、小学3~6年生の男女33人と保護者を対象に行われた。

新建ハウジング

お問い合わせ